小さな手術で大きな効果を実感

目頭切開とは

上まぶたの内側から目頭にかけて覆いかぶさっている皮膚の事を「蒙古(もうこ)ひだ」といいます。これは東洋人全般に見られる身体的特徴なのですが、この蒙古ひだが強いと、目が小さく見えたり、目と目の間が離れて見える原因となります。

目頭切開は、この蒙古ひだを切開し目の横幅を広げて、より大きくぱっちりした目元を造る施術法です。

このような人にオススメ

・左右の目が離れている

・平行型または幅の広い二重になりたい

・蒙古ひだが眼球のところまで覆いかぶさっている

・目力をアップしたい

目頭切開手術の種類

目頭切開の手術には大きく分けて「Z法」と「W法」の2種類があります。

Z法

蒙古ひだ部分の皮膚をZ型に切開し、皮弁を立体的にずらして入れ替えて縫合することで、切開線が短く皮膚に無駄なテンションもかかりません。よって傷跡が目立ちにくくダウンタイムも比較的短くて済みます。また切開の大きさで修正量の調節も出来るので、患者様の顔のバランスに合わせた自然な仕上がりが可能となります。

W法

目頭部分の皮膚をW型に切除し、切除した箇所を覆うように蒙古ひだを引っ張り縫縮します。Z法に比べて目頭がより大きく開きやすくなりますが、ダウンタイムが長く傷跡が残りやすいのが欠点です。

グランメドクリニックの目頭切開

当院では、患者様への負担が少なく形を調整しやすいZ法を採用しております。また目頭切開の施術は、解剖学の知見が深く実績も豊富な医師が担当します。事前のカウンセリングで患者様のご要望をしっかりとおうかがいした上で、バランスにも配慮した美しいアイデザインをご提案致します。

料金表

<目頭切開>

目頭切開 ¥242,000(モニター料金¥198,000)
オプション:完全無痛の鎮静 ¥22,000