グランメドクリニック
院長:岡田 大輔

このたび大阪府茨木市のJR茨木駅西口すぐにグランメドクリニック茨木を開院させていただくことになりました。

当クリニックでは皮膚科・形成外科、美容外科・美容皮膚科の診療を行ってまいります。

ニキビや肌あれで赤みやかゆみがあったり、目立つイボ・ホクロがあると、それだけでなんとなく気分が暗くなってしまう・・そのようなご経験をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
また、ホクロやできものが、悪いもの(悪性腫瘍)でないか心配になる方もいらっしゃいますね。

それだけでなく、「このシミがなかったら・・」「もっとはっきりした二重だったら・・。」など、容姿に対する願望というのは誰しもが持つものです。
ただ、それに対し過剰なこと、副作用のあるものなどでは本末転倒になってしまいます。そのようなことがない(少ない)範囲の中で、できること・できないことをできるだけ正確にお伝えし、日常を気持ちよく良く過ごしていただけるようお手伝いさせていただきます。

今までに培ってきた多分野における経験を活かし、また一部手術では各大学の専門医とも連携しながら、地域の皆さまに信頼され、より安心していただける身近な「かかりつけ医」となれるよう、日々努力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

院長 岡田 大輔

院長:岡田 大輔

岡山大学医学部卒
岡山大学麻酔・蘇生(ICU)学講座
日本救急医学会専門医
日本麻酔科学会専門医
日本美容外科学会正会員

宇治徳洲会病院:総合診療科
岡山大学麻酔・蘇生(ICU)科入局
岡山大学附属病院:ICU兼中央手術部
慈風会津山中央病院:救命救急センター:救急部/集中治療部
洛和会音羽病院:総合診療科/皮膚科
祐生会みどりヶ丘病院:麻酔科
某小規模美容クリニック:美容外科/美容皮膚科/皮膚科
共立美容外科:美容外科/美容皮膚科 
 大阪本院院長(2019.1-2021.3)
 梅田院院長(2021.4〜2022.2)
 西日本技術指導医(2021.4〜2022.2)

経歴

広島県広島市の外れで生まれ育ち、神戸大学機械工学科在学中に岡山大学医学部に進学しました。

医師となってからは臨床研修ののち、集中治療(ICU)医を志し、岡山大学病院にて集中治療室の重症患者の全身管理・手術室の麻酔、またその関連病院ではドクターヘリのフライトドクターや日本DMAT(災害派遣医療チーム)に携わる、三次救急・ICU管理・手術麻酔を専門としたチームに従事しておりました。
重症者・重傷者を自分の責任で初期診療し、必要があれば自分で麻酔をかけ、時には外科専門医とともに手術し、自分でICUで主治医として担当する。この時の経験で様々な疾患について勉強・経験したことは、のちに皮膚科医、美容外科・美容皮膚科医として働く際に大きく活きました。

その後、京都市内と大阪市内の病院・クリニックで皮膚科診療をさせていただく機会をいただき、診療所レベルの皮膚科疾患に対処し、患者様との長い関係性を作ることの大事さも学びました。

また、その経験も踏まえ、前職となる共立美容外科・皮膚科にて【美容医療】というものを専門的に学びました。大阪本院・梅田院の院長も経験させていただき、とくに二重形成(埋没手術と切開手術)やヒアルロン酸・ボトックスなどの注入療法、また、まぶたのたるみ取り(眉下切開手術)やワキガの手術、ニキビ跡治療(サブシジョン)の分野では西日本で一人だけの技術指導医という立場で後輩育成も兼任させていただきました。

以上のような経験から、保険診療・保険外(自費)診療のメリット・デメリットも踏まえ、皆さまのニーズに応じた専門的なご提案をさせていただきます。

趣味:野球観戦・旅行・写真

吉田 医師(非常勤)

近畿大学医学部卒
近畿大学医学部形成外科学講座
日本形成外科学会:形成外科専門医