腫れない・痛くない手術で理想の二重に

人とコミュニケーションをとる上で大事になるのが第一印象。その第一印象を決める最も重要なパーツは目と言われています。やはりぱっちりと大きな目は、見る人に好意的に映ります。「まぶたが腫れぼったい」「眠そうとか怒ってるとよく言われる」など目に関する様々なお悩みをお持ちでしたら、丁寧なカウンセリングと豊富な実績、そして最先端の施術法を持つグランメドクリニックにおまかせ下さい。

二重整形の種類

二重整形手術には大きく分けて「切開法」と「埋没法」の2種類があります。

切開法は時の通りまぶたを切開し二重を作る方法で、深くくっきりとした二重まぶたを半永久的に持続することが可能ですが、ダウンタイムが長く目の腫れが完全に引くまで1ヶ月ほどかかりますし、メスを使って手術する以上どうしても内出血や眼球損傷などのリスクが高くなります。

一方、埋没法は医療用の細い糸を使い、まぶたを数か所縫って二重を作ります。まぶたを切らない手術なので術後のダウンタイムが短く、糸を取って元のまぶたに戻したり手術をやり直すことも可能です。

グランメドクリニックでは

「安全性」(眼球に傷がつかない)

「持続性」(持ちが良い)

「整容性」(より自然な二重に)

「必要性」(無意味なオプションの排除)

の観点から、「埋没法」をメインとした効果の高い治療法をセレクトしました。

グランメドクリニックで実施している治療法

・挙筋法2点留め(シングルループ)

黒目の真上あたりに2箇所穴を開け糸で留めます。傷跡が目立ちにくく腫れ少ないのが特徴ですが、留めている距離が短いため複雑なデザインが難しく、持続性が弱いのが難点です。まずは気軽に二重整形を試してみたい人向けの治療法です。

・挙筋法4点留め(ダブルループ)

まぶたの4か所に穴を開け二重をしっかり固定する方法です。2点留めに比べ持続性があり二重の幅やラインをデザインしやすいですが、術後腫れやすく内出血が出る可能性もあります。

・韓国式自然癒着法4点留めor 6点留め

韓国生まれの埋没法で、まぶたに小さな穴を4か所(もしくは6か所)開けてまぶたの中から余分な脂肪や筋肉などの組織を除去し、糸を複雑に縫い留めて皮膚の癒着を促すことで、一般的な埋没法に比べよりくっきりと自然な二重が作れ、さらに取れにくいのが特徴です。6点留めの場合は挙筋法か瞼板法をお選び頂けます。

料金表

<埋没法>

挙筋法2点留め ¥66,000
(モニター料金¥55,000)
挙筋法4点留め ¥99,000
(モニター料金¥77,000)
韓国式自然癒着法4点留め[挙筋法] (保証1年付き) ¥132,000
(モニター料金¥99,000)
韓国式自然癒着法6点留め[挙筋法or瞼板法] (保証1年付き) ¥198,000
(モニター料金¥154,000)

<オプション>

極細針・術後クリームセット ¥13,200
脂肪除去 ¥44,000
延長保証1年間(合計5年間まで) ¥13,200