ワキガでお悩みの方へ
選べる治療法で完治を目指す

ワキガとは

ワキガとは、ワキの下から強烈な臭いが発生する状態の事を指し、「腋臭症(えきしゅうしょう)」や「アポクリン臭汗症」とも呼ばれています。

身体から汗を分泌する「汗腺」という組織には「アポクリン汗腺」と「エクリン汗腺」の2種類があり、アポクリン汗腺から分泌される汗がワキガの主な原因となっており、アポクリン汗腺を除去するか機能を弱めることで、臭いを抑えることが可能です。

ワキガの発生要因

遺伝

親がワキガに罹っていると、高い確率でその子供もワキガが発症する可能性があります。両親のどちらかがワキガである場合は50%、両親ともにワキガである場合は80%の確率で発症すると言われています。

ホルモンバランスの乱れ

性ホルモンにはアポクリン汗腺の働きを活性化させる効果があります。特に女性の場合は、整理中や妊娠・出産など性ホルモンが過剰に分泌される時期にワキガが発生したり、臭いが強くなることがあります。

ストレス

暴飲暴食や睡眠不足など、生活習慣の乱れによって過度なストレスがかかると交感神経が過敏になりアポクリン汗腺の働きが活発になります。そうして汗が多く分泌されることでワキガを引き起こす可能性が高くなります。

グランメドクリニックのワキガ治療

ワキガ治療には複数の治療法がありますが、その中でも安全性と効果の高い治療法を厳選。院長は、共立美容外科時代には多くの多汗・ワキガ治療を担当しており、グランメドクリニック茨木ではさらに保険治療も加え、多くのお客様のご相談をお受けしております。

重度なワキガを根治したい、手術は怖い、周りに知られずに治療したいなど、要望をおうかがいした上で、あなたに最も合う治療方法をご提案します。

グランメドクリニックで実施している治療法

剪除法

特徴:「皮弁法」「直視下摘除法」とも呼ばれるワキガ手術の中でも最も一般的な治療法です。ワキの下の皮膚を4cmほど切開し、臭いの原因となるアポクリン汗腺を目視で確認しながら取り除いていきます。

剪徐法は十分な知識や経験が必要であり、手術を担当する医師よって効果に差が出やすくなりますが、当院の院長はワキガ治療に精通しており、長年多くの患者の治療にあたってきましたので、当院で剪除法を行ったほぼ全ての人が、ワキのにおいを改善させることができました。

初めての方はもちろん、過去にワキガの手術をしたもののまだにおいが気になっているという方も、お気軽にご相談下さい。

メリット:当院ではワキガの手術は局所麻酔で行いますので、手術時間は1~2時間と短く日帰りも可能です。ワキのシワに沿って切開するので傷痕は目立ちにくく痛みも比較的少なく済みます。

また、数あるワキガ手術の中でもポピュラーかつ効果も高い事から、保険を適用することができるのも剪徐法の大きな特徴となります。

注意点:抜糸までの二週間は、重い物を持たない・運動は控えるなど、ワキに出来るだけ刺激を与えないようにしてください。
また傷口が濡らすことができないので、入浴はしばらく腰までとなります。

シェービンググリップ法

特徴:ワキガ専用の医療機器を使い、臭いの元となるアポクリン汗腺を吸引・除去する「ローラークランプ法」。2006年に共立美容外科が特許を取得したこの治療法は、大きな傷跡が残ってしまう従来の切開法や剪除法と違い、小さなキズで大きな効果を得られる優れた治療法として知られてきました。グランメドクリニックでは、このローラークランプ法に独自の工夫を加えた「シェービンググリップ法」を開発。

わずか数ミリの切開で済むので傷跡がほとんど残らない上に痛みも少なく、ローラークランプ法よりも低価格での治療が可能となります。

ワキガを根本から解決したい場合に、最もおすすめの治療法となります。

<オプション:完全無痛の鎮静処置>

「手術は怖い。痛そう」そんな手術に抵抗のある方には、完全無痛の眠る麻酔をご用意しております。ご希望の方はお気軽にご相談下さいませ。

ボトックス注射

特徴:ボツリヌス菌を原料にした薬剤をワキに注射することで交感神経からアポクリン汗腺への信号をブロックし働きを弱めることで、汗の分泌とワキガ臭を抑制します。手術には抵抗があるけれど、汗と臭いをすぐに抑えたいという方におすすめです。1回の注射で4~6ヶ月ほど効果が持続します。

エクロックゲル

特徴:日本で初となる保険適応の原発性腋窩多汗症用の塗り薬です。効果を実感できるようになるまで2週間ほどかかりますが、内服薬より副作用のリスクが少なく、1日1回塗るだけという手軽さが魅力です。

料金表

ボトックス注射(アラガン社製) ¥66,000
ボトックス注射(韓国製) ¥39,600
シェービンググリップ法(麻酔付き) ¥220,000