ダーマペン

  • HOME>
  • ダーマペン

 

About Dermapenダーマペン

このような方におすすめです

ダーマペン
  • 毛穴の開きやニキビ跡を改善したい
  • 肌のザラつきや小じわが気になる
  • 肌のハリツヤをアップさせたい
  • ダウンタイムを出来るだけ少なくしたい
  • レーザー治療は怖い

ダーマペン4とは

ダーマペン4とは

ダーマペン4はペンタイプの医療機器で、主にニキビ跡や毛穴の治療、肌質改善など皮膚再生を目的とした治療方法です。

髪の毛よりも細い超極細針を用いて肌表面に刺激を与えることで、肌本来の再生力を高めコラーゲンの生産や新陳代謝が活発になることで、ニキビ跡の改善や毛穴の引き締め、肌のハリ・ツヤや美白、その他様々な肌トラブルに対して効果が期待できます。

・小さな針が付いた電動ニードルをお肌に当てます
・ニードルの働きにより肌が反応し自然治癒力が動き始めます。線維芽細胞が活発になって
コラーゲンの生成を促進します
・肌再生が進行し、肌質改善効果が期待できるようになります

ダーマペン治療のメリット

ダーマペン4とは

肌に刺激を与えて肌の再生力を高める治療方法としては、フラクショナルレーザーやYAGレーザーが一般的ですが、ダーマペンは熱を使わないため色素沈着などのリスクを抑えることができるほか、微細な針を使うためキズが浅くダウンタイムが少ないのも特徴です。また施術中の痛みもほとんどないので、レーザーの痛みが苦手な方にもおすすめの治療方法です。

さらにグランメドクリニックでは、ダーマペンとマッサージピールを組み合わせた施術(ヴェルヴェットスキン)を行っております。ダーマペンで肌に微細な穴を開け、すぐにマッサージピールを塗布することで美容成分が肌のより深くまで浸透し、より高い効果が期待できます。

ダーマペン治療のデメリット

ダーマペンは効果も安全性も高い治療方法ですが、デメリットもあります。

日常生活に一定の制約が生じる

一つは施術直後の日常生活に一定の制約が生じる点です。背術直後の皮膚は敏感になっているため、日焼けやメイク、洗顔や過度な飲酒、激しい運動などは避ける必要があります。

皮むけ・赤み・かゆみ・腫れなどの副作用

また、治療後の皮むけ、赤み・かゆみ、腫れ、内出血といった副作用が現れる場合がある点もデメリットの一つです。基本的には数日で改善しますが、長引いたり、悪化したりするようでしたら、すぐに当クリニックへ相談ください。

複数回の施術を受けて効果を実感するケースが多い

加えて、1回だけでなく、複数回の施術を受けて効果を実感するケースが多い点もデメリットです。回数については個人差が大きいため、あらかじめ担当の医師としっかり話をしておくことが大切です。

ダーマペン併用・オプション

ダーマペンと併用するとより効果の出る施術です。

ウーバーピール

ウーバーピールは、ダーマペン4と併用するために開発された専用のピーリング剤です。

特に、シミ・肝斑・色素沈着の改善、ニキビやニキビ跡の治療、毛穴詰まりの解消、毛穴の引き締めに効果が期待できます。

低刺激かつ表皮への施術なので痛みが少なく、ダウンタイムが短いことがメリットです(通常2~3日で赤みや腫れが治まる)。

「マンデル酸」「乳酸」「ヒアルロン酸」など約10種類の成分が配合されています。

ヴェルベットスキン

ヴェルベットスキンとは、マッサージで薬剤を肌に浸透させる治療である「マッサージピール」とダーマペンを組み合わせたものです。

ダーマペンを用いることで、「PRX-T33(主成分:トリクロロ酢酸)」という薬剤を、肌の奥深くにある真皮層に届け、コラーゲンの産生を促すことで肌質を改善させます。

ウーバーピールは表皮への施術ですが、ヴェルベットスキンはそれよりも深い真皮へアプローチするので、しわやたるみが気になる方におすすめの治療です。

エクソソーム

エクソソームとは細胞間の情報伝達を行う物質です。

細胞間を移動することで成長因子、抗炎症性サイトカインや組織修復、免疫調節に関与する遺伝物質を伝達します。

「ASCE+」は脂肪幹細胞由来のエクソソーム製剤を使用することで、効果的にエクソソームを補うことができます。

そのことにより、皮膚再生、抗炎症、皮膚バリアの再建などの効果が期待でき、加齢によるお肌のトラブル(しわ、たるみ、毛穴の目立ち)、アトピー性皮膚炎、乾燥などの改善を目指します。

治療の流れ

01診察・カウンセリング

診察・カウンセリング

問診表を基にお一人おひとりお悩みや症状を丁寧にヒアリングし、お肌の状態もしっかり確認した上で、患者様にベストな治療方法をご提案します。

施術内容についてご不明な点や気になることがあれば、何でもご質問ください。

02施術

施術

まずはダーマペンで肌に微細な穴を開けたのち、マッサージピールを肌に浸透させていきます。多少チクチクする程度の刺激なのでほとんどの方は我慢できますが、もし痛みが強い場合は、麻酔クリームを塗ってから施術することも可能です。

03施術後

施術

治療当日は洗顔やスキンケアなどは避け、日光に当たらないようご注意ください。

翌日以降は洗顔やスキンケア・メイクしていただいても大丈夫です。

TEL

MAIL

INSTAGRAM

LINE

TIKTOK

保険治療専門サイト