HIFU

 

About HIFUHIFUとは

たるみ・しわに効果的な切らないリフトアップ

HIFU(High-Intensity Focused Ultrasound)とは、超音波を用いた医療技術です。肌のたるみやしわに高い効果が期待できるリフトアップ治療の1つで、高密度の超音波を照射することで、目的の部位に熱を発生させ、皮膚の奥深くにあるコラーゲンを再生・増殖させることができます。

HIFU(ハイフ)の治療をおすすめしたい方

HIFU(ハイフ)の治療は、年齢とともにコラーゲンやエラスチンが減少し、たるみやしわが気になる方におすすめです。ほうれい線や目じりのしわが気になるという方も、HIFUを施すことで改善される可能性があります。このほか、フェイスラインや眉間、口元、首、デコルテなどのたるみ・しわ改善にも効果が期待できます。

一方で、皮膚炎などを発症している方や、元々顔にあまり脂肪がない方や痛みに弱い方などは、症状が悪化したり、炎症や強い痛みが出たりする可能性があるため、事前のカウンセリングに基づいて適切な施術計画を立てる必要があります。

HIFU(ハイフ)の効果

HIFU(ハイフ)の主な効果は、コラーゲンやエラスチンの再生・増殖によるリフトアップ効果と、細胞の活性化による美肌効果です。また、脂肪細胞を破壊することで、脂肪吸引の代替としても利用されます。

効果は施術直後に実感できますが、コラーゲン、エラスチンがじっくりと再生した後の数週間から数ヶ月後にも効果を感じることができます。効果が持続する期間は、施術の方法や個人差により異なりますが、半年から1年程度と言われています。

HIFU(ハイフ)のメリット
  • 痛みが少ない
  • 傷跡が残らない
  • ダウンタイムが短い
  • 基本的に麻酔を使用しないため、体への負担が少ない
  • 効果が持続する期間が比較的長いため、経済的メリットもある
HIFU(ハイフ)のデメリット
  • 人によっては軽い痛みを感じることがある
  • 治療後に一時的な赤み、腫れが生じることがある
  • 効果に個人差がある
  • 治療範囲が広いものの、「あご下から顔」と限定されている

HIFU(ハイフ)は美容皮膚科での施術がおすすめです

医療用のHIFUが使用できます

HIFU(ハイフ)は美容皮膚科での施術がおすすめです。なぜなら、美容皮膚科では医療機関が導入できる医療用のHIFUが使えるからです。

HIFUには大きく医療用とエステ用があります。医療用は点状方式といって高い出力での施術が可能ですが、エステ用は低い出力しか出せない蓄熱方式となっています。

医療用は出力が高いので、若干の痛みを感じる場合がありますが、皮膚の深い層まで超音波が届くので、より高い効果が期待できるだけでなく、持続期間も長くなります。

肌質に合った治療が受けられます

また、医師による適切なカウンセリングや診断によって、個人の肌質や状態に合わせた治療が行われるため、より効果的な治療が期待できるうえ、万が一何らかのトラブルが生じた場合にも、医師がただちに対応することができる点も美容皮膚科で治療を受けるメリットです。

肌のたるみやしわにお悩みの方は、是非、JR茨木駅からすぐのグランメドクリニックにご相談ください。

TEL

MAIL

INSTAGRAM

LINE

TIKTOK

保険治療専門サイト