ケミカルピーリング・マッサージピール

  • HOME>
  • ケミカルピーリング・マッサージピール

 

About Peelingケミカルピーリング

このような方におすすめです

ケミカルピーリング
  • お肌のくすみ、色むらを改善したい方
  • ニキビ肌、ニキビ跡が気になる方
  • 肌のゴワつきが出てきたと感じる方
  • 毛穴の汚れをきれいにしたい方

など

マッサージピール
  • お肌のくすみ、色むらを改善したい方
  • たるみ毛穴を改善したい方
  • 小じわ、しみ、そばかすが気になる方
  • お肌のハリ、ツヤを良くしたい方

など

ケミカルピーリングとマッサージピールの違い

ピーリング治療
ダミー

ケミカルピーリングとマッサージピールは、いずれも「ピーリング治療」と呼ばれる治療方法です。皮膚表面に薬剤を直接塗り、古くなった角質などに作用させて除去することで、ターンオーバーを正常化させたり、毛穴に溜まった汚れなどを排出しやすくしたりすることが可能です。

違いは「作用する皮膚の層」

ケミカルピーリングとマッサージピールの違いは、作用する皮膚の層です。

ケミカルピーリングは、薬剤を疾患や症状によって使い分けたり、濃度を変えたりして使用しますが、日本では一般的にグリコール酸、サリチル酸(マクロゴール基剤、エタノール基剤)、を使用します。これらの薬剤は皮膚の一番外側(表皮)に作用して、古い角質を除去し、肌の再生を活性化したり、毛穴に溜まった汚れなどを排出しやすくしたりする効果があります。

一方、マッサージピールもケミカルピーリングの一種ではありますが、トリクロロ酢酸(TCA)を主成分とした薬剤を使うことで、表皮の奥にある真皮に作用し、新陳代謝を活発にさせます。そのためお肌表面のトラブルを解決するというより、お肌そのものが持つ力を引き上げる効果があります。

メリットとデメリット

メリット
  • 治療した当日からメイクができる
  • ダウンタイムがほとんどない
  • 治療してすぐに効果を感じられる
  • 首やデコルテ、体幹部など顔以外の部位にも治療できる
  • 針やメスを使わないため、精神的なハードルが低い
  • 1年を通じて治療が可能
デメリット
  • 赤みやかぶれが出る可能性がある
  • 肌のトーンが不均一になる場合がある
  • 痛みやかゆみを感じることがある
  • 一時的に日焼け・乾燥に敏感になる
  • 複数回の治療が必要になる場合がある

なお、これらについては個人差があるため、赤みやかぶれ、痛み、かゆみなどが出ない患者様も少なくありません。また日焼けや乾燥については、しっかりと保湿ケアをすることでカバーすることができます。

ケミカルピーリング・マッサージピールの注意点

信頼のおけるクリニックで治療を受けましょう

マッサージピールを含むケミカルピーリングは、患者様の目的や皮膚の状態をしっかりと見極め、適切な薬剤やその濃度を選択しなければ、腫れや炎症などの原因になる可能性があります。そのため、皮膚科専門医などの専門的な知識と技術のある医師のもとで施術を受けることをおすすめします。

事実、ケミカルピーリングが日本に普及した1990年代には、国民生活センターに多くの相談が寄せられました。これを受けて政府は2000年に「ケミカルピーリングは業として行われれば医業に該当する」と明言し、2008年までに3回にわたるガイドライン改正を行っています。

JR茨木駅前のグランメドクリニックでは、医学的な知識と技術に基づいた安全・安心の治療を行なっております。お肌のくすみ、色むら、たるみをはじめ、ニキビ肌やしみなどでお悩みの方は、是非お気軽にご相談ください。

TEL

MAIL

INSTAGRAM

LINE

TIKTOK

保険治療専門サイト